Tuesday, November 22, 2016

石鹸カービング



一緒にカービングを楽しんでみませんか?


インストラクター:中山きみえさん(10年以上の経験を持ってます)
会費:3.000円 (飲み物と軽食込み)
日時: 2016年11月26日(土曜日) 10:00時~12:00時
会場:タイサラ・カフェ&レストラン(東急東横線・妙蓮寺駅から徒歩4分 ) 

お申込み先:http://www.thaisara.jp/

Wednesday, November 16, 2016

ブラシールとスペインのクラシックギターのレパートイー



Juan Sebastianのギターで、ブラジル、スペインのクラシック音楽、また伝統的なフラメンコの世界へご招待します。
 ブラジル音楽のレパートリーでは、ポピュラーミュージックの影響を受けた20世紀を代表するブラジル人作曲家の作品をご紹介します。
 スペイン音楽では、最も重要な作曲家とアンダルシアの伝統的なフラメンコにスポットを当て、19世紀、20世紀の音楽をラインナップします。

当日の曲目(予定):
Sons de Carrilhoes 
Se Ela Perguntar
Retrato Brasileiro
Um amor de Vals
Semenzato
Milonga
Rumba de Mario Escudero
Buleria-Original
Soleá
Capricho árabe

JUAN SEBASTIAN (ホアン・セバスティアン)
ギタリストとしてソロ演奏、伴奏、作曲を行うと共にライブ企画を展開しています。
東京のスペインレストランでのフラメンコライブを中心に
ジャズ、クラシックなど幅広いジャンルでプロアーティストと共演中。
現在、カナディアンインターナショナルスクール(品川区)にて、音楽講師として勤務。
また2000年以降、スペインや、東京の各地でクラシックやフラメンコギターの講師として
複数の音楽学校での指導経験も持ちます。
経歴
父の教えのもとで7歳よりピアノを習い、16歳よりギターを始める。
1994年 ストラスブール音楽院Conservatoire National de Région入学、
クラシックギター専攻 Jesus Castrobalbiに師事。
1996年 リヨン音楽院Conservatoire National de Régionへ転籍 1998年学位取得
クラシックギターの他、音楽理論、調和、室内楽、声楽科等を学ぶ。
国際ギターコンクールへの出場を経てスペイン留学の奨学金を得る。
1999年 バルセロナEscola d'Arts Musicals LuthierにXavier Collに師事。
2000年 バルセロナConservatori Superior de Música del Liceu入学(フラメンコギター専攻)
フラメンコギタリストManuel Granadosに師事。
2004年 Escola Superior de Música de Catalunyaへ転籍
フラメンコギタリストRafael CañizaresとJuan Manuel Cañizaresに師事
2006年 コルドバConservatorio Superior de Músicaへ転籍。2009年学位取得
フラメンコギタリストManuel Cera、Manolo Francoに師事。
ギター演奏だけでなくフラメンコの歌や踊りの伴奏に加え、歴史、フラメンコの理論、
モダンの調和の研究などを行う。
2010 年バリャドリッド大学大学院 音楽教育、音楽学課程へ進学 2011年修士号取得
現、同大学院博士課程在籍。

日時: 12月4日(日曜日)17時30分〜 20時30分
会場: タイサラ タイ・カフェ&レストラン http://www.thaisara.jp/
会費:3,800円(タイとスペイン料理ビュッフェ形式の食事&1ドリンク付、ミュージックチャージ込)。
追加の飲み物(赤白ワイン、タイ・ドイツビール、ソフトドリンク):1ドリンク500円,
飲み放題: 1,000円

お申込み先:http://www.thaisara.jp/

Friday, November 11, 2016

ドイツ風クリスマスパーティー



今年の12月18日に、タイサラで第二回のドイツ風クリスマスパーティーを開催致します。本場のドイツのクリスマス料理とクリスマスマーケットの名物を楽しんでください。 

料理は全て食べ放題+3種類のドイツビール、他の国のビール、赤・白ワイン、ドイツ風グリューワイン(ホットワイン), お茶、ソフトドリンクはすべて飲み放題です。 

ビュッフェのメニュー: 
1.七面鳥の丸焼き 
2.ソーセージ各種とポテトサラダ
3. プレッツェル
4.ドイツのパンとチーズ 
5.ドイツビーフグーラッシュ (牛肉の煮込み)
6.レッドベリープディングと バニラソース添え
7.シュトレン(ドイツのクリスマスケーキ)
8.クリスマスのクッキー
9.ジンジャーブレッド

当日はドイツ出身者による、ドイツのクリスマス文化について、15分程度のプレゼンテーションを行います。

皆さんでプレゼント交換ゲームを行う予定なので500円程度の価値のプレセントを用意してください。

タイサラチームは皆さんと一緒にドイツ風クリスマスパーティーをお祝いするのを楽しみにしています。

日時: 12月18日, 18時~21時
会場: タイ・カフェ&レストラン“タイサラ” http://www.thaisara.jp/
会費: 4.500円
定員: 25名程度

お申込み先:http://www.thaisara.jp/
イランを知ろう!『薔薇とブルーに出会う、ペルシャ2000キロ』



「ペルシャ」の名で知られた砂漠とオアシスの国、イラン
薔薇と青のモスクの妖艶な国、アラブ世界のお隣で独自の歴史と文化を生きる国、行ってびっくりの「世界で一番フレンドリー」な国、そして美味しいペルシャ料理の国・・・5日間2000キロの旅で、この国の様々な顔を体験した2人が、イスファハンでもペルセポリスでもない、ちょっとマニアックなイランについてお話しします。
「イランってどんなところ?」というイラン初心者も「イランを語りたい!」というマニアの方も大歓迎。お茶を楽しみながら、イランについて知る2時間です。

プレゼンター: 
米沢佳奈(10年ほどペルシャ語の仕事に携わり普段からイラン人たちと働く。この秋20年ぶりにイランを訪問して、その魅力を再確認。知っていたはずのイランに新鮮さを感じる日々)

榛葉里佳(2年前突如日本でペルシャ語によるラジオ番組制作に関わることに。イランの魅力にどんどんはまり、今ではイラン大好き娘に。イランの魅力、不思議、これからイランを旅したいあなたに旅のポイントなどをお伝えします)

日時: 12月10日(土曜日)15時00分〜 17時00分
会場: タイサラ タイ・カフェ&レストラン http://www.thaisara.jp/
会費: 2,500円 イラン料理&1 フリードリンク(イランのお茶、タイのお茶、コーヒー等
定員: 15人

お申込み先:http://www.thaisara.jp/

メイド・イン・ジャーマニーの近現代史 ー自動車から、食文化、おもちゃ、そしてクリスマスまで





メイド・イン・ジャーマニー。この言葉に、どのようなイメージをお持ちでしょうか? 実は、これが生まれたのは19世紀末のことでした。
私たちが日常的に触れるドイツ製品、たとえば自動車などの工業製品、チョコレートなどの食品、テディベアなどのおもちゃなどなどの、発明と発展について歴史的な背景を交えて解説します。
身の回りのドイツ製品の見え方が変わる知識と体験を、ぜひ!

プレゼンター: 伸井太一(ドイツ史・製品文化ライター
著作『ニセドイツ』(全3巻)、『教養のドイツ現代史』(ミネルヴァ書房)、『日本人が知りたいドイツ人の当たり前』(三修社)※ともに2016年に出版された共著で、本名での執筆。

日時: 12月11日(日曜日) 15時00分〜 17時00分
会場: タイサラ タイ・カフェ&レストラン http://www.thaisara.jp/
会費: 2,500円 ドイツ料理の軽食&1 フリードリンク(ビール、ワイン、ソフトドリンク等)
(学生の方とアルコールを飲まない方は500円割引になります。)
定員: 15人
お申込み先:http://www.thaisara.jp/
ドイツロック小史 Deutschrock



ドイツのロックについて、この50年間における流れを追いながら、簡単な歴史的展開を紹介します。ドイツというとクラシックのイメージが強いかもしれませんが、英米では70年代のドイツのロックのことをクラウトロックKrautrockと呼んで区別していたほど、ドイツのロックには特徴がありました。当日は10曲ほど選んで、実際に聞いていただこうと思います。

高砂 美樹(東京国際大学・教授)
専門は心理学史。ドイツの心理学の歴史も詳しいですが、ドイツのロックの歴史も詳しいです。
最近は来日するヨーロッパのバンドのライブに一人でよく行きます。

日時: 12月3日土曜日15時00分〜 17時00分
会場: タイサラ タイ・カフェ&レストラン http://www.thaisara.jp/
会費: 2,500円 (1 フリードリンク(お茶、コーヒー、ワイン、ビール等)&ドイツ料理の軽食)
定員: 15人
お申込み先:http://www.thaisara.jp/

Sunday, November 6, 2016

魂と心の ペルシャ古典音楽:
タール/セタールのワークショップと演奏






ベヘナム・ババック Babak Behnam
1971年、イラン・イスラム共和国、西アゼルバイジャン州マハーバード生まれ。イラン国籍のクルド民族。 1994年より、高名な音楽家であるオスタード・ダヴォード・アザードに師事し、イランの伝統的な撥弦楽器タールやセタールの演奏を始める。他にダフ(クルド民族伝統の枠太鼓)、ドゥドゥク(アルメニアの木管楽器)、アーヴァーズ(イランとクルドの伝統的なメロディーの歌唱)なども習得。現在はスーフィーの考え方をベースにしたイラン音楽アンサンブル「ルーミーバンド」でも活動。 
バイオ科学研究者としての顔を持っており、2002年に日本の文部科学省の奨学金を得て来日。2006年に筑波大学大学院で博士号を取得。JSPS(日本学術振興会)フェローシップを得て理化学研究所に入所。2015年より横浜市立大学木原生物学研究所において特任助教として在籍。

当日の流れの案内:

パート1 : 
ダストガー マフーソロ
ペルシャ古典音楽のダストガーセレクション
ダストガー マフーについての説明

パート2:
ダストガー マフーのソロ
グーシェとアーヴァーズの紹介

パート3:
イラン古典音楽における詩の役割,
イラン古典音楽におけるヴォーカル(アーヴァーズ)

パート4:
楽器タールとセタールの紹介

休憩・食事

パート5:
イラン音楽による瞑想:サーキナメとスーキナメ(ヴォーカルとソロ演奏)

パート6:
ピシュダルアーマド、チャーハルメズラブ、タスニフ(合間にタールかセタール演奏やタスニフの歌)

パート7:
エンファサイジング クーディッシュ ミュージックによるフォーク ミュージック

パート8:
フリー ディスカッションと、有名なタスニフ、モルゲ・サハールを一緒に歌う!(可能な限り)

日時: 11月20日(日曜日)15時00分〜 17時00分
会場: タイサラ タイ・カフェ&レストラン http://www.thaisara.jp/
会費: 2,500円 (1 フリードリンク(ワイン、ビール、お茶、コーヒー等)イラン料理の軽食)
定員: 15人

お申込み先:http://www.thaisara.jp/
大自然と歴史とワインの国 ジョージアの旅




コーカサス地方の国ジョージアは大自然に恵まれ、またワイン発祥の地として「ジョージアワイン」の名は世界に知られています。
また世界で最初にキリスト教を受け入れた国の一つでもあり、多くの歴史ある教会などが世界遺産となっています
実際にジョージアを旅してきた正教会司祭が、一般の観光旅行では見られない宗教文化財なども含めて、ジョージアの魅力を写真と解説でご紹介します。

プレゼンター: 水野 宏(横浜ハリストス正教会司祭)

日時: 11月19日土曜日15時00分〜 17時00分
会場: タイサラ タイ・カフェ&レストラン http://www.thaisara.jp/
会費: 2,500円 (1 フリードリンク(お茶、コーヒー、ワイン、ビール等)&ジョージア料理の軽食)
定員: 15人
お申込み: http://www.thaisara.jp/