Saturday, October 15, 2016

秋スペシャルの本格的なタイダイニングパーティーとローイクラトン祭りの紹介



ようこそロマンチックな秋!今回は秋のタイのダイニングパーティーにみなさんを招待したいと思います。 新しいお友達を作ったり、スパイシーなタイ料理を楽しんだりしながら、ローイクラトンという800年の伝統をもってタイの最もロマンチックなタイの祭りについてもっと知りましょう!

当日は青木ゆり子さんによるのローイクラトンについての解説とタイ人によるの灯篭の作り方と流し方についてのデモンストレーションも開催する予定です。

青木ゆり子さんの自己紹介とメッセージはこちらです:
自己紹介:
世界の料理 総合情報サイトe-food.jp代表、各国・郷土料理研究家。食をテーマに各国の食習慣や文化を広く伝える活動を行っている。 
メッセージ:
アメリカ、カナダの感謝祭(サンクスギビングデー)、日本の新嘗祭など、11月は北半球の各地で収穫を祝うお祭りが行われます。 タイではこの頃、農民の収穫に恩恵深い水の精霊に感謝を捧げる「ローイクラトン」というお祭りがあります。 ローイクラトンは、罪や汚れを水に流し、魂を浄める意味もあり、バナナの葉や紙で作った灯籠を、ロウソクや線香や花で美しく飾り、満月を映す水面に流します。 今回はこの美しいタイの風習にスポットを当て、収穫の恵みを思いながら、タイのごちそうをいただきましょう。 

タイの伝統的ダンスのパーフォーマンスもお楽しみしてください。

タイで有名なのは屋台の料理なので当日は数多くのよく知られているタイ屋台料理を出します:

* ミートボール揚げ
* ポピアソ生春巻
* ポーピア・トッド (揚げ春巻き)
* トッドマンプラー (魚でサツマ揚げ)
* ソムタム(パパイヤサラダ) 
* サテガイ(鶏肉串焼き)
* ムーピン(タイ風焼豚肉)ともち米 
* パッタイ米粉麺のタイ式やきそば) 
* スコータイの麺 
* チキングリーンカレーとジャスミンライス付き 

二つのタイのデザート: 
* タプティムクローブ(クワイとタピオカ粉で作ったタイのデザート 
* カノムパンサンカヤー (トースト とパンダンリーフ で甘いソース) 

飲み物:各種タイのビール、タイ焼酎、 タイ産スピリッツ、赤白ワイン、ソフトドリンクを用意します。 

会場: タイ・カフェ&レストラン“タイサラ” http://www.thaisara.jp/
会費: 4000円(2ドリンク+食べ放題) (飲み放題は1000円)
日時:11月5日 (土曜日)18:00時-21:00時 
定員: 20名

Monday, October 3, 2016

古代インド音楽の演奏会



これまでインド・パキスタン・スマトラ島・バリ・カンボジアなど20年近くに渡り世界中を旅し、シャーマニックな音の世界に触れてきました。
インドで17年学び、中央インドネシアで約10年リサーチをし、笛は20年、口琴は30年の演奏歴を持ち、これまでに世界15カ国以上で演奏やワークショップを開催。近年ライフワークとして取り組んでいる音楽考古学の知識を生かし、ベルリンの民俗学博物館に協力し旧石器時代の笛の復刻と当時の演奏を再現を行っています。演奏する楽器は、ダブルフルート”アルゴザ”やスマトラ島から侘びさびサウンドを奏でる”サルワン”、オリジナル斜め笛、オリジナル斜め笛”ジャッジヴィーナ”など様々な笛の他、インドネシアやインドの砂漠の口琴演奏など自在に操る音の魔術師であるスティーブ・キンドヴァルドの紡ぎ出す音の世界。
笛というとメロディー楽器として認識されていますが、実はリズムがとても大切です。一般的な4拍子や3拍子だけでなく、5拍子、7拍子、9拍子、17拍子など、様々な拍子が持つ独特のグルーヴと深いバイブレーションを生み出します。音楽は自然と人をつなげるもの。宇宙も含めて。それは日本における神道の考えと通じるものがあります。まさに和の精神とも繋がるSteev Kindwaldの音の世界をライブでぜひ体感してください!

日時: 10月23日日曜日15時00分〜 17時00分
会場: タイサラ タイ・カフェ&レストラン http://www.thaisara.jp/
会費: 2,500円 (1 フリードリンク(お茶、コーヒー、ワイン、ビール等)タイ料理の軽食)
定員: 10人
申込み先: http://www.thaisara.jp/